読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pipiyokoのブログ

なんてことないアラサーとアラフォーの間。不器用。

マウンティング男子の話

水谷さるころ様という方のこの記事を見て「おおおお」というか「納得!」と思ったので超個人的な話をする。

(この記事のことよく覚えていて、その数年後に「結婚できればいいと思ってたけど」を購入し同じ著者なのを知る)

salucoro.hatenablog.com

 

化粧マウンティングはされたことないけど、独身のころは女性ではなくてなぜか男性にマウンティングされた。

始まりは多分、27,28になってすぐの頃、飲み会の場で

「もうお前も若くないな」

と言われたのが最初だ。

 

まあ、若くはないかもしれないけど、それあんたが言う?!と思ったのをよく覚えている。

その人は50代だったから。

 

次は35そこそこの同僚から。

「pipiyokoさん、もう既婚者の愛人になるしかないよ!」(職場には既婚者が多かった)

とか

「pipiyokoさんももう30過ぎでしょ、40くらいの奴じゃないと相手にされないよ!」

とかよく言われていた。

(繰り返すが、当時同僚は30半ばだった。)

 

職場だし、特に恋愛話をしたわけでもなかった。

こういうことって年をとった時の通過儀礼なのかな?

Webではよく見るけど実際どうなんだろう。

 

30代が年取ってると思わなかったせいなのか、容姿の十人並みなどとっくに自覚していたためか、こういったことを言われても、同じチームメンバーなりのいじりかな?あまりにひどすぎること言ってんなあ、つか40代のおじさんにも謝れよ あはは と思ってしまって受け流していたが、今思えば怒っても良かったのかもしれないし、今思えば怒っていたのかもしれない。

 

同僚は軽口だったらしく、同僚の後輩たちも影では怒りの対象にしていた。

「若い子は優しいなあ、彼の為に怒ってあげるなんて」

と今でも思っている。

 

この前会った時私は指輪をしていたけど、気づいてないんだろうな。

都合の悪いものは目に入らないもんね。